借金と債務整理

今現在、200万人以上の方が借金を背負っているといわれており、多重債務者については100万人以上もいるといわれています。借金を全くしたことが一度もないという方もいれば、既にどうしようもない借金状況となっている方もいるでしょう。最悪となるのは、借金を債務整理する術を知らずに、自殺や夜逃げといった選択をしてしまうことです。ご自身の中ではどうしようもないと思っても、債務整理という手があることを覚えておいた方が良いでしょう。いざ債務整理をするとなると、任意整理、個人再生、自己破産、特定調整、過払い金請求などの方法からの選択となります。一概にどの選択をするのが最適という訳ではなく、それぞれに適している選択をするのが望ましいです。とはいっても、適している選択をするためには何をすべきか分からない方も少なくないでしょう。

債務整理の方法にはそれぞれメリットデメリットがあります。例えば、自己破産の場合は借金の返済義務を免除されるものの、持ち家や高額な財産を処分しないといけません。いってみればプラスもマイナスもリセットするという方法であり、最終手段であるのは間違いないです。自己破産以外の選択をしたい、あるいは自己破産以外の方法で問題なく計画的に借金を返済していける方も少なくありません。メリットデメリット両方を把握した上で専門家である弁護士に相談しての対応が望ましいです。当サイトでは借金と債務整理と弁護士への依頼について紹介しており、是非参考にしてください。